注目の記事 PICK UP!

二日酔いにコーヒーが効くのは本当!?

「二日酔いにコーヒーが効くのは本当!?」画像

皆さんはお酒をよく飲まれますか?

お酒好きな方なら、誰しも1度は羽目を外して飲み過ぎてしまい、翌日仕事に行くのも嫌になるような二日酔いに悩まされた経験があるのではないでしょうか?

そういう時は、どうにか頭痛や吐き気を軽減したいと色々試したりするのですが、中々思うようにはいかないですよね。

そんな時に、”二日酔いに効果がある”とよく言われているのが、スポーツドリンクを飲めば良いという説。

これは肝臓でアルコール分を分解するのに必要な糖分を摂取するという意味と、アルコールを摂取したことで、脱水症状になっている体に水分補給をするという意味で有効なんですね。

そして、スポーツドリンクと同じように、「コーヒー」にも”二日酔いに効果がある”という研究結果があるんです。

二日酔いにコーヒーが効く理由とは?

そもそも、二日酔いの原因は、お酒の飲み過ぎによって肝臓で分解されたアセトアルデヒドが、血液に乗って脳に運ばれて血管を広げる働きをし、その刺激が二日酔いの主な原因になっていると考えられています。

ちなみにアセトアルデヒドとは、体内に摂取されたアルコールを、肝臓のアルコール脱水素酵素(ADH)によって分解する過程で生成される、中間代謝物質と呼ばれるものです。アセトアルデヒドは更に、アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)によって酢酸に分解され、最後は無害な炭酸ガスと水になります。

アセトアルデヒドは人体にとって有害で、吐き気などの症状を催します。顔が赤くなるのもアセトアルデヒドが原因ですね。日本人の約半分はアセトアルデヒドを分解するALDHの活性が弱い、または元々無いと言われています。

そんな二日酔いの辛さを和らげてくれるのが、コーヒーに含まれている”カフェイン”なんです。
カフェインには血管の収縮作用があるので、広がった血管を縮める助けとなり頭痛の軽減が期待できるという訳です。

その他に、カフェインには利尿作用もありますから、尿をどんどん出すことにより体内の毒素を外に排出する効果もあります。
そういった理由で、お酒を飲んだ後、締めにコーヒーを飲む事で、翌日の二日酔い地獄を回避できるという事です。

ブラックは避けて飲む

1つポイントとして、二日酔い時の胃腸の状態では、ブラックだと刺激が強すぎるので、砂糖やミルクを入れたほうが胃腸に優しくカフェインを摂取することができます。

糖分を摂ることによって、肝臓でアルコール分を分解する助けにもなるので、その意味でもとても有効です。

お酒を飲み過ぎた夜には、”締めのコーヒー”を是非1度試してみてはいかがでしょうか?

Sho・ カプチーノ

Sho・ カプチーノ

5年前、大阪のとあるお店で飲んだ「一杯のコーヒー」に衝撃を受ける。
そこからコーヒーの魅力と奥深さにハマり、世界中のコーヒーに興味を持つようになる。

好きな言葉は「トントントン ヒノノニトン」

関連記事

  1. コーヒーの香りでα波が現れる…!?

  2. コーヒーで便意? それとも便秘?イメージ画像

    コーヒーで便意がくる? それとも便秘になる?

  3. 「コーヒーを飲んで「善玉コレステロール」を増やす!」画像

    コーヒーを飲んで「善玉コレステロール」を増やす!

  4. 「コーヒーは「糖尿病予防」になる!?」画像

    コーヒーを飲むと「糖尿病予防」になる!

最近の記事

  1. コーヒーで便意? それとも便秘?イメージ画像 コーヒーで便意がくる? それとも便秘になる?
  2. 「今話題の「デカフェ」ってどういうコーヒーなの....?」イメージ画像 今話題の「デカフェ」ってどういうコーヒーなの…
  3. 「エクアドル」イメージ画像 エクアドル
  4. コーヒーの香りでα波が現れる…!?
  5. 「インドコーヒー」イメージ画像 インド

最近の記事

  1. コーヒーで便意? それとも便秘?イメージ画像
  2. 「今話題の「デカフェ」ってどういうコーヒーなの....?」イメージ画像
  3. 「エクアドル」イメージ画像
  4. 「インドコーヒー」イメージ画像

人気記事

  1. コーヒーで便意? それとも便秘?イメージ画像
  2. 「今話題の「デカフェ」ってどういうコーヒーなの....?」イメージ画像
  3. 「エチオピア」イメージ画像
  4. コーヒーと「水の硬度」画像
  5. 「エクアドル」イメージ画像
  6. 「生豆の水分」画像1
  7. 「ベトナム」画像
  8. 「コーヒーの精製方法」画像1
  9. 「二日酔いにコーヒーが効くのは本当!?」画像
PAGE TOP