注目の記事 PICK UP!

今話題の「デカフェ」ってどういうコーヒーなの….?

「今話題の「デカフェ」ってどういうコーヒーなの....?」イメージ画像

デカフェって何?

コーヒー愛好家の皆さんは、コーヒー店などで「デカフェ」といった表記を目にしたことがある方もおられるのではないでしょうか?

以前から見られる「カフェインレス」「ノンカフェイン」という表記は、名前の響きからしてカフェインが全く入ってなさそうな感じがしますが、「デカフェ」にという表記に関しては、そもそもこれってどういう意味なの?と疑問を持つ方もおられると思います。

この「デカフェは、英語で表記するとDecafで、Decaffeinatedの略となります。

日本語にすると「脱カフェインした」といったような意味になるんです。語尾にカフェと付くので、てっきりカフェに関係しているのかと思いきや、全く関係ないんですね。

ちなみに、このデカフェ(脱カフェイン)という表現はコーヒー以外にも、紅茶やお茶など、他の飲み物にも使われています。(デカフェ茶、デカフェ紅茶など)

さて、このデカフェはどういうコーヒーを指すのかというと、”低カフェインコーヒー”を指します。
そして、何と「カフェインレス・コーヒー」と同義でもあるんです。

コーヒー店のメニューにもデカフェ(カフェインレス・コーヒー)と表記されてるのを見たことある方もいると思います。

つまり「デカフェ」=「カフェインレス・コーヒー」となるので、カフェインレスコーヒーとは、カフェインが全く入っていないのではなく、少なからずカフェインが含まれているコーヒーということになりますね。

ノンカフェイン・コーヒーにも実はカフェインが….

そうなると、残る「ノンカフェイン」が、本当にカフェインが入ってないコーヒーでしょ!
っとなりますよね。。頭に「ノン」って付いてるくらいだし。

しかし、、残念ながら、ノンカフェインも”コーヒーに関して言えば”、先ほどのカフェインレスと同様、カフェインを少なからず含んでいるコーヒーなんですよ。

しかし、どうして「コーヒーに関して言えば」なのか?

その理由は、コーヒー豆の場合、どれだけ丁寧に脱カフェイン処理をしても、元々カフェインの入っているコーヒー豆のカフェイン含有量を完全ゼロと宣言するというのは難しいということなんです。

つまり、原材料のコーヒー豆の状態ですでにカフェインが含まれているので、それをゼロにするのは至難の技!ということなんですね。

まとめると、コーヒーに限って言うと、ノンカフェインもデカフェ(カフェインレス)も同様に低カフェインコーヒーということになります。

決してカフェインはゼロではないということなんですよね。

しかし、このようカフェインの表示って紛らわしいですよねぇ・・・
これって法律で規制はされているんでしょうか?

カフェインの表記には基準値がない!

実は、ヨーロッパでは、「デカフェ」と表示するためにクリアする必要があるカフェイン含有量の基準値が「コーヒー豆中の0.2%以下、インスタント・コーヒーでは0.3%以下」と設定されているんです。

しかし、ここ日本では、消費者庁が定めた「栄養表示基準」の「表示義務成分」にカフェインが入ってないため、どのぐらいのカフェイン含有量で「ノンカフェイン」といった表示を行うかは、あくまでメーカー独自の基準に頼ることになっています。

要するに、「ノンカフェイン」というのは、メーカーによって基準値が違ってくるという事になっちゃうんですよね。

こういう事を踏まえて、少なくともコーヒーに関しては、たとえ「ノンカフェイン」と表示されている商品でも、カフェインが微量ながら含有していると考えた方が良いでしょう。(「カフェインゼロ」という表記も同様です。)

とは言っても、ノンカフェインを表記しているコーヒーも、カフェインは微量なので、多くの方にとっては、そこまで気にする事はないかもしれません。

しかし、妊婦の方やカフェイン・アレルギー体質の方など、カフェイン摂取に敏感な方にとっては大事に至る可能性もありますので、コーヒーに関してのカフェイン表示には特に注意してください!

カフェインの発見と脱カフェインの歴史

ここで、少しカフェインそのものの話を。

今ではコーヒーと言えばカフェインというのが常識になっていますが、初めてコーヒー豆からカフェインを分離して、この「カフェイン」というモノを発見したのは、ドイツ人の有機化学者ルンゲという人物で、1820年のことでした。

彼がカフェインを発見したのは、イエナ大学在学中に親交のあった文豪ゲーテが、自分の不眠症の原因がコーヒーの成分にあると考え、ルンゲにコーヒー豆を調べるよう提案したのがきっかけだったんです。

カフェインを見つけたルンゲは、カフェインを発見こそできましたが、その時代にはコーヒー豆を脱カフェイン処理する方法を確立するには至りませんでした。

その後1905年になると、ルートヴィヒ・ロゼリウスという人物によって、初めてコーヒー豆の脱カフェイン処理に成功しました。

ですが、その方法はベンジンという、原油から分留精製した揮発性の高い可燃性の液体を使ってカフェイン成分を抽出するという、有毒性の強い物だったようです。

ベンジンに一旦浸したコーヒー豆を使ったコーヒーを飲むのは、できれば遠慮したいところですね。

現在主流の脱カフェイン処理方法

以上のような歴史を経て、現在では3つの手法を用いた脱カフェイン処理が主流となりました。基本的には、どれもカフェインが持つ水溶性を利用した処理となります。

一つずつ見ていきましょう。

抽出法

水抽出法

コストも安く、化学薬品を使わない為、安全性も高い脱カフェイン処理方法。スイスウォータープロセス法が主流。スイスウォータープロセス法とは、槽に入れたコーヒー生豆に熱湯にを入れ、カフェインを含むコーヒー成分が熱湯に溶け出した後、フィルターを通しカフェインのみを抽出後、カフェイン以外のコーヒー成分が溶け出している熱湯に再び生豆を戻し、コーヒー成分を生豆に戻す処理方法。安全性は高いが、水に一度溶け出したコーヒー成分を完全にコーヒー豆に戻すのは難しいため、風味は普通のコーヒーよりも劣るのが欠点。

溶剤抽出法

有機溶剤を使ってカフェインを抽出する方法。歴史上初めて脱カフェイン処理に成功した方法でもある。この抽出方法が開発された当初はベンジンが使われたが、現在はより安全性の高さが望めるジクロロメタンの使用が主流。だが、これらの薬品は非常に強力で人体に有害な為、有機溶剤を使った脱カフェイン処理は日本では禁止されている。

CO2超臨界抽出法

二酸化炭素を、温度と気圧を操作することで超臨界流体 (気体でも液体でもなく、かつ気体のように拡がり、液体のように溶けやすい状態) にして、その特性を利用してコーヒー豆へ浸透し、カフェインのみを抽出する方法。安全性も高く、風味もあまり損なわれないためデカフェに向いているが、コストと時間がかかるのが難点。

液体二酸化炭素抽出法

手法そのものはCO2超臨界抽出法と同じ手法。違うのはCO2超臨界抽出法よりも、よりコーヒー豆に対して低負荷で処理する点 (CO2超臨界抽出法の温度80~90℃、気圧250barに対して、液体二酸化炭素抽出法は温度20~25℃、気圧65~70bar) 。結果的により質の高い豆が望めるが、カフェイン抽出にかかる時間が30~50時間と、CO2超臨界抽出法の約12時間を大幅に上回る。

日本でも広まりつつある「デカフェ」

「デカフェコーヒーカップ」イメージ画像
海外では一般的に浸透している「デカフェ」ですが、日本ではまだまだそれほど認知度は高くないようです、

しかし実は、スターバックスや、タリーズといった大手チェーンでも「デカフェ」のコーヒー豆を購入できるんですよ。

ヨーロッパの「デカフェ」は、溶剤抽出法で脱カフェインしたものが多くちょっと健康的に心配な面がありますが、日本の大手チェーンで売られている、コーヒー豆は水抽出法で脱カフェイン処理されたコーヒー豆なので健康面でも安心です。

まだ「デカフェ」を飲んだことのない方、特にカフェインにあまり強くない方は、この「デカフェ」是非一度試してみてくださいね。

ちなみに、ここまでコーヒー豆からカフェインを取り除く脱カフェイン処理についてお話ししてきましたが、実は、最初からカフェイン含有量の低いコーヒー豆が収穫できるカフェインレス・コーヒーノキの栽培も、長年研究が続けられているんです。

このカフェインレス・コーヒーノキが普及すれば、もっと本格的な「デカフェ」をより気軽に楽しめる日が来るかもしれませんね。

Sho・ カプチーノ

Sho・ カプチーノ

5年前、大阪のとあるお店で飲んだ「一杯のコーヒー」に衝撃を受ける。
そこからコーヒーの魅力と奥深さにハマり、世界中のコーヒーに興味を持つようになる。

好きな言葉は「トントントン ヒノノニトン」

関連記事

  1. コーヒー豆の「保存方法」

    コーヒー豆の「保存方法」

  2. 「コーヒーの精製方法」画像1

    コーヒーの「精製方法」

  3. コーヒーと「水の硬度」画像

    コーヒーと「水の硬度」

  4. 「生豆の水分」画像1

    生豆の水分について

  5. コーヒーの「歴史」

最近の記事

  1. コーヒーで便意? それとも便秘?イメージ画像 コーヒーで便意がくる? それとも便秘になる?
  2. 「今話題の「デカフェ」ってどういうコーヒーなの....?」イメージ画像 今話題の「デカフェ」ってどういうコーヒーなの…
  3. 「エクアドル」イメージ画像 エクアドル
  4. コーヒーの香りでα波が現れる…!?
  5. 「インドコーヒー」イメージ画像 インド

最近の記事

  1. コーヒーで便意? それとも便秘?イメージ画像
  2. 「今話題の「デカフェ」ってどういうコーヒーなの....?」イメージ画像
  3. 「エクアドル」イメージ画像
  4. 「インドコーヒー」イメージ画像

人気記事

  1. コーヒーで便意? それとも便秘?イメージ画像
  2. 「今話題の「デカフェ」ってどういうコーヒーなの....?」イメージ画像
  3. 「エチオピア」イメージ画像
  4. コーヒーと「水の硬度」画像
  5. 「エクアドル」イメージ画像
  6. 「コーヒーの精製方法」画像1
  7. 「生豆の水分」画像1
  8. 「ベトナム」画像
  9. 「二日酔いにコーヒーが効くのは本当!?」画像
PAGE TOP