注目の記事 PICK UP!

コーヒーと「水の硬度」

コーヒーと「水の硬度」画像

コーヒーの99%は水で出来ているので、おいしいコーヒーを淹れる為には水がすごく大事になります。

コンビニのお水コーナーを見るだけでも、たくさんの水がありますよね。
そして、見た目は同じようでも、その成分は大きく異なります。

その中でも、コーヒーの味に一番大きく関わるのは「硬度」だと言えます。

水の「硬度」とは?

硬度とは、水1000ml中に溶けているカルシウムとマグネシウムの量を表したものです。

WHO (世界保健機構) による分類では、

硬度 一般的な総称
0~60mg/l未満 軟水
60mg~120mg/l未満 中硬水
120~180mg/l未満 硬水
180mg/l以上 非常な硬水

という指定がされています。

一時期コントレックスというミネラルウォーターが流行したことがありましたよね?

コントレックスは、ミネラルウォーターの中でもかなり硬度が高い部類に入ります。
日本の水道水とコントレックスを目隠しで味見しても、100人中100人がどっちがコントレックスか分かるほどはっきりした違いがあります。

このように、硬度というのは水の味わいに大きな影響を与えるので、おいしいコーヒーのために使用する水にも気に留める必要があるわけです。

コーヒーに向いてる硬度は?

では、硬度の高い硬水か、硬度の低い軟水のどちらがコーヒーに向いているのかというと、これは本当に諸々の意見があって、確率された答えはありません。
言ってしまえば、人それぞれの好みなんですが、高すぎる硬度の水は、コーヒー豆から複雑で微妙な風味を引き出せないという意見が多いですし、硬度が低すぎるのは、酸味や苦味のパンチが足りないとも言われます。

日本の水道水は、概してほどほどの硬度を持った軟水なので、そのままコーヒー用に使える基準にはあると思います。あとは浄水器をつけたり、一度沸騰させてから使用するなどの工夫をするといいでしょう。

もう少し日本の水事情に触れてみますと、日本の水道水は、軟水の括りの中でも地域によって硬度にかなり幅があります。
一般的には関西は硬度が低く、関東の方が硬度が高いのですが、東北は関西よりも硬度が低い傾向があったりするので、東西でグラデーションがあるわけでもなく、地域によってバラバラです。

コーヒーの為だけに、自分の理想の硬度の水道水が出る地域に引っ越したりするのは、多くの人にとって現実的ではないので、参考までに、日本国内で入手しやすい市販の水の硬度を調べてみました。

商品名 硬度
南アルプスの天然水 30mg/l
六甲のおいしい水 32mg/l
クリスタルガイザー 38mg/l
いろはす 28.8~44.0mg/l (採水地によって差があり)
キリンアルカリイオンの水 58mg/l
ヴォルヴィック 60mg/l
フィジーウォーター 105mg/l
エビアン 304mg/l
ヴィッテル 315mg/l
ペリエ 400.5mg/l
ゲロルシュタイナー 1302mg/l
コントレックス 1468mg/l
クールマイヨール 1612mg/l

挙げだすとキリがないので、この辺にしておきます。

やっぱりコントレックス、硬度が高いです。それを超えるクールマイヨールの存在感もなかなかですね。

しかし、表には載せていませんが、スロベニアには「ドナウォーター」という硬度5169mg/lの怪物級な超硬水も存在するんです。

あまりスーパーとかには売ってないと思うので、もしどこかで見かけたら、試す価値はあるかもしれませんが、さすがにコーヒーには向いてないと思います。そもそも、こんなに高い硬度の水をコーヒーメーカーなどの機械で沸騰させたら、石灰のカスが出て故障の原因になりますしね。

セレブ御用達なフィジーウォーターは飲んだことないのですが、コーヒーに合うという話も聞きますので、一度試してみたいですね。

理想的な水の条件

コーヒーと「水の硬度」画像2
アメリカのスペシャルティコーヒー協会(SCAA)が、コーヒーに使う理想的な水の条件を発表しているので、参考までに載せておきます。ミネラルウォーターを選ぶ時に参考になるかも知れません。

理想的な水の条件(SCAA)
臭い クリーン、新鮮、無臭

無色
塩素

0mg/l
TDS

150mg/l (許容範囲 : 75~250mg/l)
カルシウム硬度

68mg/l (許容範囲 : 17mg/l~85mg/l)
全アルカリ度

40mg/l (許容範囲 : 40mg/l前後)
pH

7.0 (許容範囲 : 6.5~7.5)
ナトリウム

10mg/l (許容範囲 : 10mg/l前後)

注 : TDSとは、Total Disolved Solidの略で、不純物総溶解度のことです。
具体的には、水に溶解しているミネラルや金属などの物質の濃度を指します。この数値が低いほど、水の純度は高くなります。

今まで水道水以外でコーヒーを淹れたことがない!という方は、硬度や、他の成分の数値を少し気にしながら市販の水を色々試してみるのも面白いかもしれませんよ。

Sho・ カプチーノ

Sho・ カプチーノ

5年前、大阪のとあるお店で飲んだ「一杯のコーヒー」に衝撃を受ける。
そこからコーヒーの魅力と奥深さにハマり、世界中のコーヒーに興味を持つようになる。

好きな言葉は「トントントン ヒノノニトン」

関連記事

  1. コーヒー豆の「保存方法」

    コーヒー豆の「保存方法」

  2. 「コーヒーの精製方法」画像1

    コーヒーの「精製方法」

  3. コーヒーの「歴史」

  4. 「今話題の「デカフェ」ってどういうコーヒーなの....?」イメージ画像

    今話題の「デカフェ」ってどういうコーヒーなの….?

  5. 「生豆の水分」画像1

    生豆の水分について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. コーヒーで便意? それとも便秘?イメージ画像 コーヒーで便意がくる? それとも便秘になる?
  2. 「今話題の「デカフェ」ってどういうコーヒーなの....?」イメージ画像 今話題の「デカフェ」ってどういうコーヒーなの…
  3. 「エクアドル」イメージ画像 エクアドル
  4. コーヒーの香りでα波が現れる…!?
  5. 「インドコーヒー」イメージ画像 インド

最近の記事

  1. コーヒーで便意? それとも便秘?イメージ画像
  2. 「今話題の「デカフェ」ってどういうコーヒーなの....?」イメージ画像
  3. 「エクアドル」イメージ画像
  4. 「インドコーヒー」イメージ画像

人気記事

  1. コーヒーで便意? それとも便秘?イメージ画像
  2. 「今話題の「デカフェ」ってどういうコーヒーなの....?」イメージ画像
  3. 「エチオピア」イメージ画像
  4. コーヒーと「水の硬度」画像
  5. 「エクアドル」イメージ画像
  6. 「生豆の水分」画像1
  7. 「ベトナム」画像
  8. 「コーヒーの精製方法」画像1
  9. 「二日酔いにコーヒーが効くのは本当!?」画像
PAGE TOP